奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 日々。 | main |
日々。
0

     

    ここ最近のこと。

    コロナ禍でのリモート授業との折り合いもようやく決着が付きつつあり、そのメリットもデメリットも今後に活かしていく。

    そのような状況化でもたくましい学生はこれまでに培ってきた伝手の中で制作する手を止めない。

    自分の制作はどうかというと、前期は学生のために使うと決めたからいい。

     

     

    それでもこもり過ぎると病むので少しづつ山登りを再開してる。

    初めての葉山はドウタンツツジが見られて素晴らしかった。今年は雨が少なく雪溶けも遅かったよう。これまでにない角度から藻が湖伝説を思う。

    さて、一年越しで準備してきた山形ビエンナーレはどうする?

    やろうがやらまいが現地を訪れ話し状況を確認しながら時の流れを実感する。

    やっぱ今やる方策を考えなきゃこれからずっとできないでしょ。

     

     

     

     

    そして芸工大のアイドル猫ジャンゴが死んじゃった。かけつけた時にはまだ温かったな。

    埋葬のため汗だくになって掘った穴からびっくりするくらいキレイな石が5つでてきたので墓石にした。

     

    ここは月山の見える風通しのいい場所だ。

     

     

     

     

     

    今日はリモートオープンキャンパス準備とビエンナーレリモートミーティングの合間に近所に住む卒業生のスタジオへ陣中見舞いに行った。

    自身の卒業後すぐの熱気を思い出したり、うれしい報告を聞けたりと元気をもらったな。

     

    そろそろ自分の絵が描きたい、描かねばと本気で思えた。

     

    | natsunosuke | 日常 | 18:07 | - | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE