奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 「ムカサリ絵馬」を「展示」することについて | main | 倣玉堂。 >>
「採集と表現と」
0

     美術というフィールドだけに目を向けていたなら、清水大典という存在を知ることはなかっただろう。ここ山形では多くの「美術以外」の切実な表現に出会う。

     

     秩父生まれのある批評家に連れられて豪雪の米沢に向かったのは2年前の冬。米沢市上杉博物館で見せていただいた冬虫夏草図の数々に驚かされた。

     採取したその瞬間から変色が始まる冬虫夏草の色彩を描き留めることは、菌類学者である清水にとって科学的な実証の態度だとして、しかしなんとその絵の美しく魅力的なことか!なんと清水は納得のいく線描、細部の再現を突き詰めるためネズミの髭を使って筆の自作まで行っている。自己表現では決して到達できない、強い強い欲望から生まれた表現の世界がここにある。

     

     また、清水が1956年から始めた「きのこ展」は、市民の食中毒を防ぎたいという思いから開始されたものだが、現在も脈々と受け継がれ開催され、今年はビエンナーレの最終日である9月23日に米沢コミュニティーセンターで開催される。

     飢饉に悩まされ続けてきた米沢において、「食べる」という行為と結びついた切実な「展覧会」ということでここに紹介したい。

     

     

     

     

     

    | natsunosuke | 展覧会 | 17:30 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE