奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< キューバ紀行2 | main | キューバ紀行4 >>
キューバ紀行3
0

     

    展示期間にのんびりと流れる時間から一変して、記者発表からオープニンパーティーへと怒涛の流れと多くの人々。

    キューバの人たちはとても人なつっこい印象。滞在中に治安的に怖い思いは一度もなかった。

    日系キューバ人の方とも話したし、スペイン語しか話せない地元のアーティストからは麦酒を飲もうと誘われた。

    表現に対するタブーはもちろんあって、日本人作家の作品も見方によってはリミットに触れていると思う。

     

    風人によるかく拌。

     

     

     

    国際交流基金の人たちの動きが素晴らしかった。熱き思いとウィットを忘れずとんでもないバイタリティー。

    若きキュレーターの異文化交流という裏テーマもあったよう。またどこかでお仕事したい仲間たちです。

     

     

     

     

     

     

    | natsunosuke | 展覧会 | 20:25 | - | - | - | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE