奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 銀川。 | main | 待ってる。 >>
日々。
0

    書きたいことは山ほどあるも、時間がまったくない日々です。

    鶴岡アートフォーラムでの展覧会に向けて追い込みの日々です。

    諸々あってまだフライヤーが出来ていないのが心配ですが、とりあえず情報だけ公開していきます!

     

    市民交流プログラム・特別展覧会

    東北画は可能か? 〜地方之国構想博物館〜

    三瀬夏之介 個展 〜日本の絵〜

    @鶴岡アートフォーラム

     

    会期:2017(平成29)年7月15日(土)〜8月20日(日)

    休館日:7月18日(火)、7月24日(月)、7月31日(月)

    開場時間:9:00〜17:30/毎週金・土曜日:9:00〜18:30 ※入場は閉場の30分前まで

    観覧料:一般500(400)円/高大生300(240)円/中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金

    主催:鶴岡アートフォーラム、鶴岡市教育委員会

    協力:イムラアートギャラリー、東北芸術工科大学

    後援:山形県、朝日新聞山形総局、河北新報社、荘内日報社、毎日新聞山形支局、山形新聞・山形放送、読売新聞東京本社山形支局、さくらんぼテレビ、テレビユー山形、山形テレビ、エフエム山形

     

    □イベント

    日時:7月15日(土)14:00〜17:00 

    ・「東北画とは何か?」三瀬夏之介×鴻崎正武

    ・ゲストトーク「地域アートは可能か?」 藤田直哉(文芸評論家、「地域アート 美学/制度/日本」著者)

    ・音イベント「SUMMER IKUSA 2017年夏 開戦」でんでらでん

     

    日時:8月19日(土)14:00〜17:00 

    ・「東北画とは何か?」三瀬夏之介×鴻崎正武

    ・ゲストトーク「裏日本美術は可能か?」 内呂博之(金沢21世紀美術館 学芸員)

    ・音イベント「Summer is over.−でんでらでんによる夏の終わりの即興地獄」でんでらでん

     

    □展覧会関連プログラム・特別ワークショップ

    「空想旅行にでかけよう」

    日時:8月17日(木)12:30〜15:00

    会場:鶴岡アートフォーラム アトリエ

    講師:是恒さくら(美術家)

    参加費:700円

    定員:12名(先着順) 対象:中学生以上

    申込:7月13日(木)〜8月10日(木)午前9時〜午後7時 ※休館日を除く

    館内受付にて費用を添えて申し込みください(電話受付可 Tel. 0235-29-0260)。

     

    □講演会

    「山形とアマゾン:民族・文化・場所の違いを超える視点」

    日時:8月5日(土)14:00〜16:00

    場所:鶴岡アートフォーラム アトリエ(50席程度) 申込不要

    関野吉晴(探検家、武蔵野美術大学教授)×是恒さくら(本展出品作家)

     

    □連動企画

    「それぞれの山形」 東北芸術工科大学日本画コース3年生

    会期:7月15日(土)〜8月20日(日)

    会場:鶴岡アートフォーラム エクステンション・ギャラリー

     

    「山形藝術界隈展〇四」

    出品作家:大槌秀樹、工藤玲那、後藤拓朗、白丸たくト、久松知子

    ギャラリートーク&ライブイベント

    8月11日(金・祝)

    13:00〜15:00 トーク「おさんぽギャラリートーク」企画:工藤玲那

    15:00〜17:30 ライブパフォーマンス「Each Action, Each Session」企画:白丸たくト

    出演 : 賢いULYSSES(京都) / 跡地 and more...

    集合場所:いずれも鶴岡アートフォーラム エントランス

    観覧無料

     

    鶴岡アートフォーラム 常設展示コーナー

    鶴岡市所蔵作品 夏の展示「道」

    7月 1日(土)〜 10月1日(日) 9:00〜17:30 観覧無料

     

    とにかく連動企画がとんでもないことになっているので、追々アップしていきます。

    今回は広報が後手後手にまわっているな…

     

     

    中国は銀川に行ってきました!

    中国の山形みたいな場所かなと想像してたらとんでもない!600万人都市の銀川は「一帯一路」構想の中、現在中国においてとても重要な位置を占める都市として新幹線、美術館、高層マンションなどが建設され、街は活気にあふれていた。

     

     

     

     

    日本でも吊り下げることに難儀するこの作品を中国でできるのかと不安だったけど、なんのことはなかった。

    世界のどこにでもいい展示をして、いい展覧会を開くために全力を尽くす人たちがいることに感動。

     

    「水墨」という中国における共通言語において僕の作品はどのように見えるんだろう。

    もちろん現代美術館なので出品作品のすべては水墨にズブズブなものはひとつもなく、ある批評性を備えたものばかりだったが、そこにはすべてを相対的にしか見れない現代人の悲しさも通低していたようにも思う。

     

     

     

     

    オープニングではなんと9年前の深圳でのレジデンスでお世話になったスタッフとも再会!今は北京でメディアの仕事をしてるそう。集まるメディアや美術関係者でこの展覧会の注目度の高さがわかる。

    もちろん日本のメディアはゼロだけど。

     

     

    キュレーターの王さんと日本チームでパシャリ!

    台湾の王さんとは台北市立美術館での展覧会以来。水墨をメタファーとして提示したい世界観を共有していると思っている。いつか東北(トンペイ)にお呼びしたい。

     

     

    すぐ隣には国際芸術家村が建設中。ACACのとんでもない規模版のよう。

    中国ではこれから1000の美術館をつくるんだって…

     

     

     

    美術館の見える素敵なレストランでオープニングバーベキュー!

    展示も頑張ったし、ナチュラルワインも麦酒もうまい!

     

    台湾の繊細なアーティスト、日本に留学していた韓国のアーティスト、強気な中国のアーティスト。

    そうだ、「未生の日本美術史」の千葉成夫さんと2007年Cスクエア以来の再会をした。

    東アジアという圏内での問題と可能性を語り合う夕べでした。

     

    聲東擊西:東亞水墨藝術的當代再造
    Crisscrossing East and West: TheRemaking of Ink Art in Contemporary East Asia.
    会期:2017年6月15日〜8月20日
    会場:銀川現代美術館(中国)
    WEB:http://www.moca-yinchuan.com/

     

     

     

    戻って来たらすぐ雪の残る山形は月山のスケッチ旅行の引率。

    銀川の山の稜線の見えない乾いた砂漠地帯の風景との距離感にクラクラ。

     

     

    クラクラしてる内に大学院レビューがスタート。

    7月、8月と一気に駆け抜けます!

     

    | natsunosuke | お知らせ | 21:19 | - | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE