奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 行脚。 | main | 戻山。 >>
行脚。
0

    とんでもない一週間でしたが、大きな触発をいくつも受ける素晴らしい一週間でした。

     

    雪の山形から6時間かけて着いた満開の梅の京都では、北野天満宮で宮司さんから貴重な話しを聞いた。

    絶対に見なくてはいけない鬼さんたちと初めてのご対面。会場は刀剣に湧く女の子たちでいっぱい…

    原作者の方ともお会いして、福音館書店との絵本プロジェクトが本格的にスタートした。舞台は平安時代だが、京都に今のこととして残る歴史や地理的条件を身体に叩き込んで一気にいく!

     

     

     

    滞在数時間で東京へ戻る。

    太郎記念館の搬入では赤い壁、黒い床を見た瞬間にいける!と感じた。昭和キャバレー感は意図したものじゃないけどものすごい空気感になってます。あそこに個性の強い20人が…

     

    さて、一路名古屋へ。

     

     

     

    名古屋では愛知県美術館で絵を描いて行こうと決めたきっかけとなったゴッホの「収穫」と再会。この絵のポスターを部屋に貼ってたな。ゴーギャンとナビ派の関係にも惹かれる。

    あの何物でもなかった美術室での初心を思い出し身が引き締まる。


    MAT名古屋ではコレクティブワークの可能性から美術教育までじっくりと話すことができた。地域起こしの担い手から若い作り手、ディープなアートプロパーまで、名古屋の奥深さを知った夜でした。

    なんと2006年に覚王山のギャラリーレイで開催した連続個展「キラキラジェネレーション」のフライヤーを持ってきた方がいて驚いた。あの頃は無我夢中で来るもの拒まず突進してたな。
    呼んでくれた服部浩之くんとはこれからも継続的なプロジェクトが続くので楽しみ。

     

     

     

    東京では岡本太郎記念館の内覧会からド派手、かつ感動的なレセプションでした。太郎、敏子という人間のパワーがまだまだ渦巻いていて、その一端に接続されている感覚に興奮する。

    吉田晋之介くんや梅津庸一くん、オル太、キュンチョメ、サエボーグなど話したかった作家たちが大集合。

    まだ大学一年の参加メンバーはどう思ったかな。作り続けてたらまた会える。

     

    「TARO賞20年 20人の鬼子たち」

    日時:2017年3月12日(日)〜6月18日(日)10:00–18:00

    @岡本太郎記念館(東京・青山)

    http://www.taro-okamoto.or.jp/exhibition/next.html

     

     

     

     

    青山の華やかなアートシーンから、すぐに白鷹の芸術界隈へ。

    山形のニューカマーたちが雪の残る過疎地で荒ぶっております。シーンは意志さえあればどこにでも立ち上がる。

     

    「山形藝術界隈展〇二」@白鷹町文化交流センターあゆーむ
    ayu-m.sgic.cx/item/2131.html

     

     

     

    さて、山で僕はつくる。

    | natsunosuke | 展覧会 | 13:28 | - | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE