奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 日々。 | main | 日々。 >>
歳暮。
0

    いやー、今年はこれまでで一番忙しくプレッシャーのかかる一年でしたね。

    あちらを頑張ればこちらが立たず、こちらを頑張ればあちらが立たず。

    この年になって自身の特性を嫌というほど知らされ、落ち込むことも多かった一年でもあったので、これは来年に生かしていかなくてはですね。いつまでも勉強ですな。

     

     

    廃校アトリエ「工房 森の月かげ」は使い始めて一年を過ぎようやく馴染んできた感じ。

    この場所の空気感だからこそ作れるものが確かにあることがわかったし、この辺境での制作ペースを完全に掴んだ感じもある。

    お猿さんが徘徊するここからまだしばらく発信を続けます。

     

     

     

    忘年会の数も今年は多かったな。

    大学の関係はもちろんなんだけど、それ以外の関係ももっと大事にしていきたいと思った年の瀬でした。

     

     

     

    年の瀬には喜多方で素晴らしい動きがありました。

    「セピロマ会」が新設され喜多方にゆかりのある若手作家が集まり、こづゆと地酒を楽しみながら作品販売や突発的なオークションが開催!

    人との関係だけでなく、この場所に触発された作品がこの場所に溜まっていき、若い作家たちが持続的に関われるような仕組みに育っていくために全面的に応援したいと思います。

     

     

    会場になった画廊星医院はお医者さん。

    奥座敷には蕭白のお軸に芋銭の漆盆などなど。喜多方のパトロン文化は付焼き刃ではない。

    眼福の直後に自作を眺め、そんな彼らに作品を買っていただく緊張感は美大では教えられないもの。

     

     

     

    さて年末年始は溜め込んだ本を読み込むぞ!

    来年は絵本の仕事に本格的に取り組みます。発表はまだ先になりそうだけど、思えば大学一年の時にバイクで通りがかった軽井沢の美術館で見た絵本の展覧会に出会ってからの夢がついに叶いそうです。

     

    月かげのアトリエを来年用にセッティングして仕事納め。

     

    皆さま、本年も大変お世話になりました。

    良いお年をお迎えください〜

     

     

     

    | natsunosuke | お知らせ | 23:29 | - | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE