奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
<< 夜行。 | main | 無心。 >>
根と路。
0

     

    青森県立美術館でのオープニングに学生たちと行ってきました!

    夢にまで見た考古・民俗・歴史資料と現在の制作物を混在させ、新たなあったかもしれない世界を顕在化させる展覧会が実現されていた。

    夢は気付かない内に叶っていることがある。

     

     

    初めて東北に来た2009年の夏、「東北画は可能か?」というテーゼを思いついたのは青森県立美術館のお隣三内丸山遺跡でのことだったな。

    それから何度となく通って出会ったのが在野の民俗学者、田中忠三郎という存在。

    忠三郎から教えられた綿花の育たない青森という地域、使える身分、絵が描けなくてもできること。そこから生まれたのが、普段何気なく捨てている衣服を織り直した共同制作「しきおり絵詞」だった。

    完成とほぼ同時期に田中さんの訃報が届いたため、今回青森の地で発表できることにはとても感慨深いものがある。

     

    この共同制作チーム「日々織々」はその時々に合わせてリーダーが変わり、様々なカスタマイズが加えられていくのが特徴。

    今回で三期目と言えるだろう変遷を遂げて青森県立美術館のエントランスに飾られています。

    僕たちのジャッカ・ドフニを見に来てください!

     

     

    僕の作品を含む、この展覧会の感想はまだ言葉にできません。

    展覧会とはどこまで観客を誘導すべきなのか、あるいはすべきでないのか。

    展示しながら、内覧会で自作の周りを多くの方々が周遊をするのを眺めながら多くのことを思いました。

    会期終わりくらいには総括できるかな。

     

    グループショーであることを切り離して一番感銘を受けたのは、架空の地震によってチリが漂流していくヨナサス・デ・アンドラーデの映像作品。日本においてはカタストロフの大地震を、国境問題の軋轢解消のメタファーとして使用するイメージの飛躍と、裏付けとしてある政治的なリアリティーに打たれた。

    いつか百科事典のような展覧会を開きたい。

     

     

    作家たちとの打ち上げはとても楽しいものでした。

    全員自身の時間をしっかりと生きていて、その共感が心地いい空気感を作っていた。

     

    特に淺井裕介くんとは久しぶりの再会だった。

    彼の自身と世界への誠実な姿勢に、今日の暑い月かげでの制作は支えられていた。

    今日も彼はどこかで描いてるだろうし、作り続ければまたどこかで会える。

    ようやく踏ん切りがついた気持ちです。

     

     

     

    | natsunosuke | 青森 | 18:50 | - | - | - | - |
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE