奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
原論。
0
    先日の内藤正敏さんをお迎えしての「東北とは何か?」
    大人が自らの信念を、その執念ともいえるバックグラウンドと共に語り、若者たちを鼓舞させる姿に感動しました。
    なかなかタフな毎日が続くけど、こんな状況が常態になれば色々と変わっていきそうな気がする。



    彼は彼の原論を語ったのだと思う。

    大学には様々な原論が乱立していて、学生たちはそれに影響を受け、つまみ食いし、さらに深く掘り下げ、図書館で書物にまみれ、街に山に出かけ、人や大自然にふれ合い体験の質を高める。
    表現の手前にはその深い関心と動機が耕される必要がある。

    内面が耕されていれば、自作の前でその背景を語れるのは当たり前の話。それができないということは、その主題に対して有機的な構造、関係性がまだ結ばれていないということ。表現以前の段階で作品作りを始めてしまい絵の中で苦しんでいる姿をよくみかける。

    それを美術で表現する必然性は本当にあるのか?


    内藤先生は「美術において教えることは何もできない。ただ発見してやることだけだ」とおっしゃっていた。
    自らが自らを教育していくその能動性のきっかけとしてこの場所は機能できるか。

    描き残したいという強い欲望、動機から物質に関わり没入していく感覚と、それが美術としての付加価値を持つという社会的な文脈との間でいつも引き裂かれる。
    しかし世界と自分と表現の関係を最初に押さえておかないと本末転倒になる。絵と格闘しろなんて言うこともあるけど、実際絵の中に答えはない。

    絵の中に答えはあるとも言える。絵が世界の整理整頓であり、新たな秩序の発見の場であるならば、そこでの知見は現場である世界に連れ戻さなくては行けない。

    経験と表現とそして実践、「いま」「ここ」「わたし」が切り結ばれる素晴らしい場でした。
    | natsunosuke | 芸術 | 15:21 | - | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE