奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
トスカーナにて。
0
    久しぶりのフィレンツェはなんだかすっきりときれいになったような印象でした。
    新型のゴミ箱も導入され街中のゴミは減り、排ガス規制によりドゥーモ付近は歩行者天国、チェントロ内の車もかなり減りました。警察官も多く見かける印象。

    滞在初期、あまりの環境変化に戸惑いがあり、制作が思うように進まなくなったぼくは街中に落ちているものを拾いコラージュしていくことにより見知らぬ街に寄り添おうとした。
    見慣れぬデザインの靴箱、美しいマッチ箱、ビビットな配色の果物包み紙。
    今回それらが見当たらなかったのは残念。

    家の近くのランプ屋さんはたたんでたし、水をいつも買ってた雑貨屋もなかった。
    ノンビリとくつろげた近所の広場は観光的に華やかにイメチェン。
    石造りの街並は変わることなくとも、そこに住む人たちはもちろん日々移ろい変わる。



    そんな中、ロレンツォとの再会。
    変わらぬベランダで美味しい料理をいただき、画集を手渡すこともできた。
    信仰と美術、書き残すべきこと、描き残すべきことなど話す。


    次の日は彼にトスカーナの小さな教会を案内してもらう。
    カッシアではずっと観たかったマサッチオの「サン・ジョヴェナーレ三連祭壇画」を独占できて感激。
    ロレンツォは美術館で作品解説もしていて、その話を聴いていると理解が深まる贅沢な時間。

    伝えるべき理想のための自然な描写と演劇性、共通理解による絵画の法則の使用、民族やあるコミュニティーが持つ記号性と伝統の継承と拒否。
    絵画が持つ共通理解の少ない国に生まれながらも、絵描きであるならもっと絵画が持つ力を信じて制作していきたいと心底思った。



    ロレンツォはその教会がある環境、画家が育った風景も見せたかったのだと思う。
    周りを見渡すとそこはマサッチォ絵画の人間模様のバックそのものだった。
    僕は僕の場所のことを考えなくてはいけない。

    各街のアイデンティティーとしてしっかりと守られている絵画を、車でしか行けない小さな街のものも含めて案内してもらいほんとうに素晴らしい一日でした。







    | natsunosuke | イタリア。 | 21:27 | - | - | - | - |
    フィレンツェへ。
    0
      一ヶ月以上もブログを放置してたのは初めてです。
      大学のオープンキャンパスを終え、前期の総括やら成績処理やらをドタバタとこなすと、ほとんど事前準備もできないままに成田へ向かいました。

      今回の旅の目的はふたつ。
      ひとつ目はフィレンツェ滞在時に出会った詩人ロレンツォにぼくの画集を手渡すこと。
      ふたつ目はピカソの「ゲルニカ」を観ること。


      ぼくの初めての画集「冬の夏」はロレンツォからもらった大事な言葉をタイトルにつけている。帰国間際に作品と交換をしたんだ。
      画集内には彼からもらった直筆の言葉をそのまま掲載もしてる。
      フィレンツェを立ってから早5年。久しぶりの再会がとても楽しみだった。

      そしてゲルニカ。
      今構想中の大作のタイトルを「日本の絵」と名付けた。このタイトルで富士山の連作を描いていたこともあったけど、今回の意味合いはまた違う。
      ちっぽけな自分を超えて、大きなスケールで世界を捉えるクロニクル的な絵画を描くことはできないか?ある時事性から表現のモチベーションを得つつ、だけどその時事的な限定を超えて歴史に残るような絵画としてピカソのゲルニカがいつも頭の片隅にあった。

      もちろんイメージとしては画集などを通してよく見知ってはいるが、自身の制作を始める前にぜひ実物からの感覚を受けておきたいと強く思った。



      旅の始まりはゲリラ豪雨。
      滑走路は離陸待ちの飛行機で大渋滞に。飛行機の遅延、キャンセルはほんとどうしようもないね。
      ミュンヘンでの乗り継ぎでは空港内を走り切ってギリギリ間に合う!

      到着は懐かしの小さなフィレンツェ空港。
      しかし1週間連泊予定だったアパートメントへのチャックインでもトラブル続出。
      そうだった、日本って国はほんとスムーズな国だったなと5年前の滞在を思い出す。


      とりあえずはいつものスーパーへ。
      5年前のユーロは160円を超えてた。いつも物価の高いチェントロのスーパーでは生活が厳しくなるので、僕らはいつも郊外のスーパーまでのんびりと毎日にように買い出しに出かけてた。
      そこは観光地じゃない、なんでもない道のりなんだけど、僕たちにとっては思い出深い散歩道。石造りの街並はその風景をまったく変えていなかった。
      途中昔の我が家へも向かう。どうやら誰か住んでいる様子。またいつかここに住みたいな。


      そして夜はパルマの生ハムの芳醇な香り!
      攻撃的な野菜たちの存在感!
      キャンティー!キャンティー!


      また時間を見つけて続きを書きますね。

      JUGEMテーマ:ヨーロッパ


      | natsunosuke | イタリア。 | 16:50 | - | - | - | - |
      フィレンツェ!
      0
        うれしい画像が届いた!
        イムラアートギャラリーのスタッフさんがフィレンツェに行った時に、僕たちが住んでいた家の写真を撮ってきてくれた。
        今年はヨーロッパも寒いらしいね。あの頃の空気を思い出す。
        なんとかしてイタリア、ドイツの旅を実現させるぞ!



        ハサミの石盤もそのまま。フレンツェの町並みは姿を変えることがない。




        JUGEMテーマ:ヨーロッパ
        | natsunosuke | イタリア。 | 19:44 | - | - | - | - |
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + twitter
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE