奈良⇔山形

絵描き、三瀬夏之介の日々諸々。
おにの神さん
0

    福音館書店の月刊絵本から2019年に絵本が出ます。文は岩城範枝さんで千年前の京都で忘れられていた神さまのお話し。
    絵画とは違う絵本のメソッドに戸惑いつつも楽しんで取り組んでます。

    11月が僕で、あ!12月が長沢明さんだ。
    ただいま原画を鋭意制作中。お楽しみに〜

     

     

     

    | natsunosuke | お知らせ | 13:49 | - | - | - | - |
    緑青の風景。
    0

       

      久しぶりに、ほんと久しぶりに京都での展覧会です。

      同世代で尊敬する陶芸家、辻村唯さんとの二人展です。

      彼のお猪口の風景を眺めながらいつも晩酌するも、実はまだ本人と会ったことはない。

      初日の夕方にはギャラリーにいれそうです。

       

       

       

      今秋、イムラアートギャラリーでは、日本画家・三瀬夏之介と、陶芸家・辻村唯の二人展を開催するはこびとなりました。

      奈良に生まれた二人の同世代の作家は、絵画とやきものというそれぞれの分野において、自然が作り出す偶然性の芸術を作品の上に描き出しています。

       

      三瀬夏之介は日本画の素材を用いることに徹して日本の風土を描き、その模糊としたダイナミックな構図のなかに、自身の記憶や現代的なモチーフを緻密に描き出します。「作品はいつか土に還ると思って制作しています」−そう語る三瀬は、例えば銅粉を混ぜたメディウムを用いて、作品を土に埋めて腐食させることで、絵画の中で緑青(ろくしょう)を生じさせ、まるで釉薬のような艶と色彩を作り出しています。

       

      いっぽう辻村唯は、やきものの制作において一貫して「自然釉」と呼ばれる天然の釉を用いています。これは窯の中で起こる灰と土の化学反応から生まれ、表面に付着した灰やガラス質の緑青の釉により、人の手では作り出せない景色が描き出されています。窯から取り出されたばかりの溶けるような器体をした作品群は、彫刻作品然として、まるで生き物のような生命力を湛えています。

       

      三瀬夏之介にとって作品とは、自然と人の「間」に位置するものであると言います。辻村唯にとって、やきものの制作とは、器形を作り上げたあとは、土と炎による自然の仕上がりをじっと「待つ」ことでもあります。作品の媒体は異なっていても、二人の姿勢には通底するものがあります。

       

      本展で発表する三瀬の新作は今秋10月の大原美術館 有鄰荘での個展への出品作品であり、江戸時代の山水画家・浦上玉堂にオマージュが捧げられています。

       

      二人の作家による、自然に対する飽くなき挑戦をぜひご覧ください。

       

      期間: 2018.11.10 (Sat.) - 11.30 (Fri.) (Closed on Mondays, Sundays and National Holidays)
      日時: 12:00-18:00
      会場: imura art gallery Kyoto

       

       

       

      | natsunosuke | お知らせ | 13:18 | - | - | - | - |
      倣玉堂。
      0

        平成30年秋の有隣荘特別公開
        三瀬夏之介 倣玉堂


        会期:2018年10月19日(金)〜11月4日(日)※会期中無休    
        時間:10:00〜16:30 *16:00入場締切
        場所:有隣荘(大原美術館本館向かい)
        料金:有隣荘入場券 一般:1,000円、学生:500円
         セット券 一般:1,800円、学生:1,000円
         ※セット券にて、有隣荘と大原美術館(本館、分館、工芸・東洋館)をご覧いただけます。

         

        http://www.ohara.or.jp/201001/jp/D/D2a.html

         

        今年は年内に京都でも展示を行います!

         

         

        | natsunosuke | お知らせ | 14:00 | - | - | - | - |
        真夏。
        0

          なんでこうなってしまったのか、8月はトークイベントが6本…

           

          鶴岡アートフォーラムでの展示は折り返し地点。なかなか行きにくいところですが、あそこでしかできなかった空間になっています。

          19日には同い年のキュレーター、内呂博之さんと裏日本美術の可能性について語ります。

           

          塩釜市杉村惇美術館では教え子ハタユキコとのトーク。大学院修了後、地元宮城に戻って踏ん張っていた彼女の美術館での個展ということで感慨深い。大三郎くんとハタユキコを解体していきます!

           

          山形美術館の高橋コレクションもオープン。なんと山形県鶴岡市出身の高橋さんには東北画の展示も見ていただいた。

          山形出身の梅津くん、カオスの黒瀬くんをお招きして語りあいます。

           

          そして、せっかく山形が熱い夏なので、山形美術館から徒歩圏内のギャラリーでスピンオフ企画!

          とんがりビルのKUGURUにてお酒飲みながら語り合いましょう!

           

           

          どこか、どこかでお会いしましょう…

           

           

          【夏の幻視関連企画】クロストーク「絵画の企みを読み解く」

          @塩竈市杉村惇美術館

          2017年8月11日(金)14:00〜15:00 

          三瀬夏之介氏(日本画家・東北芸術工科大学教授)

          坂本大三郎氏(山伏・イラストレーター)

          ハタユキコ氏(画家)

          会場:企画展示室

          【展示観覧料・事前申込】

           

          【特別対談】三瀬夏之介×梅津庸一「東北画とパープルーム ─構想画について─」補講

          進行:黒瀬陽平氏(美術家・美術批評家)

          山形美術館 3階ホール (100席)

          2017年8月12日(土)14:00〜16:00

          山形で「東北画は可能か?」の活動を率いる三瀬夏之介氏、神奈川で私塾「パープルーム予備校」を拠点に、日本の近代洋画を問い直す活動を続ける梅津庸一氏、さらに美術家・美術批評家でカオス*ラウンジ代表の黒瀬陽平氏を進行に迎え、集団での活動と作家の表現について議論を深めます。

           

          「相転移 / phase transition」

          KUGURU(山形市七日町二丁目7番23号 とんがりビル1F)
          2017.08.08 tue 〜 08.13 sun 時間:11時〜20時 会期中無休
          【出品作家】三瀬夏之介、鴻崎正武、浅野友理子、石原葉、是恒さくら、永岡大輔、菊池聡太朗
          【イベント】アーティストトーク 8/13 sun 15:00 – 登壇:本展出品作家

           

          【クロージング・イベント】「東北画は可能か?-地方之国構想博物館-」

          鶴岡アートフォーラム

          2017年8月19日(土)14:00〜17:00

          「東北画とは何か?」三瀬夏之介×鴻崎正武

          ゲストトーク「裏日本美術は可能か?」内呂博之(金沢21世紀美術館 キュレーター)

          音イベント「Summer is over.−でんでらでんによる夏の終わりの即興地獄」でんでらでん

           

          | natsunosuke | お知らせ | 14:35 | - | - | - | - |
          待ってる。
          0

             

             

            ついにビジュアル公開です!デザイナー平野拓也氏によるこれまでにないイメージを押し出したポスターになりました。追ってフライヤーも。

            トークイベント、WS、連動企画などの詳細は追って告知していきます。

            今年の夏は鶴岡で!

             

            鶴岡アートフォーラムへは東京からでも飛行機で2時間、新幹線と特急で4時間で来れるんです!

            出羽三山と温泉が待ってます!

            • ■電車
              JR東京駅 → (上越新幹線) → JR新潟駅 → (羽越本線・特急いなほ) → JR鶴岡駅 〔所要時間 約4時間〕
            • ■航空機
              羽田空港 → 庄内空港 → 「鶴岡駅前」行きバス乗車 → JR鶴岡駅 〔所要時間 約2時間〕 ※庄内空港より車で約20分
              ■バス
              JR鶴岡駅より「鶴岡市内廻り 2コース」「鶴岡市内廻り 4コース」「湯野浜温泉」「あつみ温泉」「油戸」行きのいずれかに乗車→「アートフォーラム前」または「市役所前」、「致道博物館」下車 〔所要時間 約10分〕
            | natsunosuke | お知らせ | 20:36 | - | - | - | - |
            日々。
            0

              書きたいことは山ほどあるも、時間がまったくない日々です。

              鶴岡アートフォーラムでの展覧会に向けて追い込みの日々です。

              諸々あってまだフライヤーが出来ていないのが心配ですが、とりあえず情報だけ公開していきます!

               

              市民交流プログラム・特別展覧会

              東北画は可能か? 〜地方之国構想博物館〜

              三瀬夏之介 個展 〜日本の絵〜

              @鶴岡アートフォーラム

               

              会期:2017(平成29)年7月15日(土)〜8月20日(日)

              休館日:7月18日(火)、7月24日(月)、7月31日(月)

              開場時間:9:00〜17:30/毎週金・土曜日:9:00〜18:30 ※入場は閉場の30分前まで

              観覧料:一般500(400)円/高大生300(240)円/中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金

              主催:鶴岡アートフォーラム、鶴岡市教育委員会

              協力:イムラアートギャラリー、東北芸術工科大学

              後援:山形県、朝日新聞山形総局、河北新報社、荘内日報社、毎日新聞山形支局、山形新聞・山形放送、読売新聞東京本社山形支局、さくらんぼテレビ、テレビユー山形、山形テレビ、エフエム山形

               

              □イベント

              日時:7月15日(土)14:00〜17:00 

              ・「東北画とは何か?」三瀬夏之介×鴻崎正武

              ・ゲストトーク「地域アートは可能か?」 藤田直哉(文芸評論家、「地域アート 美学/制度/日本」著者)

              ・音イベント「SUMMER IKUSA 2017年夏 開戦」でんでらでん

               

              日時:8月19日(土)14:00〜17:00 

              ・「東北画とは何か?」三瀬夏之介×鴻崎正武

              ・ゲストトーク「裏日本美術は可能か?」 内呂博之(金沢21世紀美術館 学芸員)

              ・音イベント「Summer is over.−でんでらでんによる夏の終わりの即興地獄」でんでらでん

               

              □展覧会関連プログラム・特別ワークショップ

              「空想旅行にでかけよう」

              日時:8月17日(木)12:30〜15:00

              会場:鶴岡アートフォーラム アトリエ

              講師:是恒さくら(美術家)

              参加費:700円

              定員:12名(先着順) 対象:中学生以上

              申込:7月13日(木)〜8月10日(木)午前9時〜午後7時 ※休館日を除く

              館内受付にて費用を添えて申し込みください(電話受付可 Tel. 0235-29-0260)。

               

              □講演会

              「山形とアマゾン:民族・文化・場所の違いを超える視点」

              日時:8月5日(土)14:00〜16:00

              場所:鶴岡アートフォーラム アトリエ(50席程度) 申込不要

              関野吉晴(探検家、武蔵野美術大学教授)×是恒さくら(本展出品作家)

               

              □連動企画

              「それぞれの山形」 東北芸術工科大学日本画コース3年生

              会期:7月15日(土)〜8月20日(日)

              会場:鶴岡アートフォーラム エクステンション・ギャラリー

               

              「山形藝術界隈展〇四」

              出品作家:大槌秀樹、工藤玲那、後藤拓朗、白丸たくト、久松知子

              ギャラリートーク&ライブイベント

              8月11日(金・祝)

              13:00〜15:00 トーク「おさんぽギャラリートーク」企画:工藤玲那

              15:00〜17:30 ライブパフォーマンス「Each Action, Each Session」企画:白丸たくト

              出演 : 賢いULYSSES(京都) / 跡地 and more...

              集合場所:いずれも鶴岡アートフォーラム エントランス

              観覧無料

               

              鶴岡アートフォーラム 常設展示コーナー

              鶴岡市所蔵作品 夏の展示「道」

              7月 1日(土)〜 10月1日(日) 9:00〜17:30 観覧無料

               

              とにかく連動企画がとんでもないことになっているので、追々アップしていきます。

              今回は広報が後手後手にまわっているな…

               

               

              中国は銀川に行ってきました!

              中国の山形みたいな場所かなと想像してたらとんでもない!600万人都市の銀川は「一帯一路」構想の中、現在中国においてとても重要な位置を占める都市として新幹線、美術館、高層マンションなどが建設され、街は活気にあふれていた。

               

               

               

               

              日本でも吊り下げることに難儀するこの作品を中国でできるのかと不安だったけど、なんのことはなかった。

              世界のどこにでもいい展示をして、いい展覧会を開くために全力を尽くす人たちがいることに感動。

               

              「水墨」という中国における共通言語において僕の作品はどのように見えるんだろう。

              もちろん現代美術館なので出品作品のすべては水墨にズブズブなものはひとつもなく、ある批評性を備えたものばかりだったが、そこにはすべてを相対的にしか見れない現代人の悲しさも通低していたようにも思う。

               

               

               

               

              オープニングではなんと9年前の深圳でのレジデンスでお世話になったスタッフとも再会!今は北京でメディアの仕事をしてるそう。集まるメディアや美術関係者でこの展覧会の注目度の高さがわかる。

              もちろん日本のメディアはゼロだけど。

               

               

              キュレーターの王さんと日本チームでパシャリ!

              台湾の王さんとは台北市立美術館での展覧会以来。水墨をメタファーとして提示したい世界観を共有していると思っている。いつか東北(トンペイ)にお呼びしたい。

               

               

              すぐ隣には国際芸術家村が建設中。ACACのとんでもない規模版のよう。

              中国ではこれから1000の美術館をつくるんだって…

               

               

               

              美術館の見える素敵なレストランでオープニングバーベキュー!

              展示も頑張ったし、ナチュラルワインも麦酒もうまい!

               

              台湾の繊細なアーティスト、日本に留学していた韓国のアーティスト、強気な中国のアーティスト。

              そうだ、「未生の日本美術史」の千葉成夫さんと2007年Cスクエア以来の再会をした。

              東アジアという圏内での問題と可能性を語り合う夕べでした。

               

              聲東擊西:東亞水墨藝術的當代再造
              Crisscrossing East and West: TheRemaking of Ink Art in Contemporary East Asia.
              会期:2017年6月15日〜8月20日
              会場:銀川現代美術館(中国)
              WEB:http://www.moca-yinchuan.com/

               

               

               

              戻って来たらすぐ雪の残る山形は月山のスケッチ旅行の引率。

              銀川の山の稜線の見えない乾いた砂漠地帯の風景との距離感にクラクラ。

               

               

              クラクラしてる内に大学院レビューがスタート。

              7月、8月と一気に駆け抜けます!

               

              | natsunosuke | お知らせ | 21:19 | - | - | - | - |
              銀川。
              0

                 

                目まぐるしい日々。

                ワタリウムでのトークではプロレス的にはめられたという印象ながら、次回に繋がるような余韻も。

                8月に山形美術館で補講を行います。詳細はまた後日。

                 

                 

                赤坂憲雄さんとの遠野行脚も始まった。

                田んぼに水が張られ、まるで水鏡のようになるこの季節を始まりとした。遠野物語は雄大な湖水伝説から始まる。

                贅沢な騙りと気付きの中、まずは遠野の地理的条件を俯瞰しながら身体に叩き込む。

                 

                編集者とも話しを詰める中で、画集ではなく絵本である意味、言葉を取り去ったところで成立する遠野物語の可能性など、このプロジェクトはもう発明に近いような大きな大きな課題であることに気付き戦慄。

                今後も定期的に遠野歩きを続けていく予定です。

                 

                 

                 

                そしてMOCA Yichuanのグループショーに出品するためしばらく中国に行ってきます。

                キュレーターは台北市美でもお世話になったChia Chi Jason WANGさん。

                銀川は中華人民共和国寧夏回族自治区、標高1100mに位置する高原都市。

                 

                この後も海外での展示が続いていて、なぜか辺境の地に呼ばれている。

                イスラム文化と漢民族の文化がまじわる「ぼかしの地帯」で、今後の展開の足がかりを見つける旅になりそうです。

                 

                 

                聲東擊西:東亞水墨藝術的當代再造
                Crisscrossing East and West: TheRemaking of Ink Art in Contemporary East Asia.
                会期:2017年6月15日〜8月20日
                会場:銀川現代美術館(中国)
                WEB:http://www.moca-yinchuan.com/

                | natsunosuke | お知らせ | 21:09 | - | - | - | - |
                恋せよ乙女。
                0

                   

                   

                  神奈川芸術劇場での「詩情の森」が終わりました。

                  最終日限定で行われた映像作家、宮永亮くんとのコラボ画像に舞踏、ダンサーの絡みは圧巻でした。

                  舞踏には舞踏の、映像には映像の、音楽には音楽の長所があり、絵には絵の長所がある。そのお互いの武器が奇跡的に一致した瞬間がそこにはありました。

                  松岡大さんの舞踏と宮永くんの映像の関係は、生と死の循環や、四季の移り変わりを感じさせ、僕の画面は砂漠にも月面にも湿地帯にも始源の風景にも世界の終わりにも見えました。

                  どこかで映像を見せれるといいな。

                   

                   

                  撤収はいつもあっという間。

                  自然光の入ったスタジオで一気に夢は覚めました。

                  さぁ、次にいこう。

                   

                   

                  次の日にはさっそく搬入作業へ。

                  梅津庸一くんとは、日本画⇔洋画、関西⇔山形、美大教員⇔在野のコレクティブなどなど、とにかく対立軸だけでできているような仮想敵の関係なんだけど、なぜだか今回は彼の主宰するパープルームの展覧会にお邪魔することになった。

                  美術史との接続や絵画メソッドの再生、コレクティブ結成への切実感など、思いを共有する部分も多く、会期中には「東北画とパープルーム−構想画−について」と題したトークレクチャーも行う。ちなみにこのトークは彼の故郷であり、今僕が住む山形でも8月に開催予定で、展覧会も連動できたらと色々と仕込み中。

                  この夏は山形が熱いよ!

                   

                   

                  恋せよ乙女! パープルーム大学と梅津庸一の構想画

                  会期:2017 年6月1日(木)〜18日(日)
                  会場:ワタリウム美術館
                  住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6
                  電話番号:03-3402-3001
                  開館時間:11:00〜20:00(水〜21:00)
                  休館:月
                  料金:一般 1000円 / 学生(25歳以下 ) 800円 / 小中学生 500円 / 70歳以上 700円 ※ペア券:大人2人 1600円 / 学生2人 1200円
                  出展作家:小林椋、鋤柄ふくみ、予定と卵、坂本夏子、フナイタケヒコ、三瀬夏之介、泰平、宮下大輔、urauny、平山昌尚、3回目のゲルゲル祭、qp、梅津庸一、超エッチ+、小宮麻吏奈、リスカちゃん、荒木悠、村田冬実、KOURYOU
                  パープルーム予備校生:安藤裕美、アラン、智輝

                   

                  東北画とパープルーム―構想画について―
                  開催日:6月3日 18時〜
                  講師:三瀬夏之介、梅津庸一

                  | natsunosuke | お知らせ | 21:18 | - | - | - | - |
                  戻山。
                  0

                    ついに神奈川芸術劇場での展覧会がスタートしました!

                    急遽思いついた新作を入れ込みたいとかなり頑張って追い込みをかけていました。

                    会期中は無休です。ぜひ!

                     

                    KAAT EXHIBITION 2017−かたり(語り/騙り)の空間

                    2017年4月30日〜5月28日@KAAT神奈川芸術劇場3F中スタジオ

                    http://kaat-seasons.com/exhibition2017/

                     

                     

                    ぶち込んだ新作は、遠野に取材したもの。今年から来年にかけて遠野物語を12枚の絵にまとめ、けっして壁にかけない形式で空間に展開したいと思っていたので、劇場という場での展示は願っても無いものだった。

                    展示什器は大工の荒達宏くんにお願いしたもので、絵にとっての台座、支持体を今後も考えていきたい。

                     

                     

                    劇場は美術館とはまた違ったルールで動いていた。

                    黒い箱の中の作品群は、専門の照明スタッフにより丁寧に照らし出され、空間に浮かび、重なり合い、多重の物語を発生させる。

                     

                    夜は野毛や桜木町で毎晩のように深酒。

                    キュレーターと参加作家の綿密なコミュニケーションの上で、合宿生活のような中で作り上げた展覧会です。

                     

                     

                     

                    最終日の5月28日には宮永亮くんとのコラボレーション映像インスタレーションにギャラリートークもあります。

                    宮永くんとは伝説の石舞台でのコラボ以来ですが、今回も僕の作品を解体、再構成したものをダンサーが蠢く床へ10×10mのサイズで投影!まったく想像はつきませんがぜひ!

                     

                    5月28日(日)

                    10:00-18:00/5Fスタジオ

                    映像インスタレーション 宮永亮×三瀬夏之介

                    13:00-/5Fスタジオ

                    ギャラリー・トーク 宮永亮×三瀬夏之介

                    16:00-/3F中スタジオ

                    ギャラリー・トーク 「詩情の森」出品作家

                    http://kaat-seasons.com/exhibition2017/events/

                     

                     

                     

                    人だらけの横浜から、人気のない山形に戻り、穏やかな日々が続く。

                    ここ最近はポカポカと気持ちのいい外で描いています。

                    すぐ暑くなるだろうな。

                     

                     

                    | natsunosuke | お知らせ | 13:23 | - | - | - | - |
                    行脚。
                    0

                      さて、卒業制作の山形展、東京展を無事に終えました。いつもながらこのシーズンは一番輝かしい時間でありながら、一抹の寂しさを思うシーズンでもあります。

                      みんなこれからが本番、がんばれよ〜

                       

                      さてさて、明日からは怒濤の一週間がスタートします。

                      明日は重要なスタジオビジット。ここ山形まで作品を、そしてそれが作られる空気感まで含めて見に来てくれる人がいることがうれしい。

                       

                      火曜は一路京都へ。今年から京都と遠野が舞台のふたつの絵本の制作がスタートしたのでその取材。

                      オリンピックまでに出せるといいな。

                       

                      水曜は学生たちと岡本太郎記念館にて「TARO賞20年 20人の鬼子たち」の設営作業。

                      ちょっととんでもないものが出来ましたよ。

                       

                      そこから名古屋で久しぶりに服部浩之くんとトーク。4月から秋田に赴任する彼とスケールの大きな話しが出来たらと思っています。何かと熱い名古屋でぜひ!

                       

                      「地域美学スタディvol.5 東北画と日本 ‒ 絵画の集団的実践は可能か?」

                      日時:2017年3月9日(木)19:00–21:00
                      会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING

                      http://www.mat-nagoya.jp/atthetable/2255.html

                       

                      金曜は再び東京でいくつかのミーティング。夜は空いてるので呑みましょう!

                       

                       

                       

                      そして土曜には「TARO賞20年 20人の鬼子たち」のレセプション。会期は12日からです。

                      東北から行脚してきた山車はしばし青山に停泊し、その後鶴岡へ向かいます。

                       

                      「TARO賞20年 20人の鬼子たち」

                      日時:2017年3月12日(日)〜6月18日(日)10:00–18:00

                      @岡本太郎記念館(東京・青山)

                      http://www.taro-okamoto.or.jp/exhibition/next.html

                      | natsunosuke | お知らせ | 20:41 | - | - | - | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE